企業年金は福利厚生の一種で、会計上の扱いを考えるときには退職金と同じようなものだと考えれば良いでしょう。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

企業年金は会計上は退職金

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
企業年金は会計上の扱いも難しいものだと感じる人は多いでしょう。では、そもそも企業年金とはどういったものなのでしょうか。年金には国民年金や厚生年金などの公的年金もあります。企業年金とはこのような公的年金ではなくて、企業が私的に作った年金の制度であると言えるでしょう。企業には福利厚生の制度がありますが、企業年金というのは福利厚生の一種であると言えるでしょう。ですから、企業年金をかけている企業もあれば、そのようなものはない企業もあるのです。
この年金についてですが、退職金と同じようなものであると言えるでしょう。退職金というのは、退職した時点で受け取る事ができるものですが、これを分割して受け取るものが企業年金であると考えるのが良いと思います。
企業年金は、企業の会計とは別のものとして扱われるというのが一般的です。
これが年金基金と呼ばれる組織になります。企業年金は年金基金が運用を行うという事になります。実際の運用は企業年金が委託したファンドなどが行う事になるのです。
少しずつ積み立てた資金を元にして運用を行い、そしてそれを従業員に渡すという事が行われます。企業の会計上の処理では、将来的に支払わなければならないという事ですから、負債として扱われることになるのです。

しかしながら、実際に給付する金額がよりも積立の金額が小さければ、最終的には企業が負担しなければならない事になります。それは退職給付引当金として買い形状は扱われるのです。

注目情報

Copyright (C)2017退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.