企業年金を運用する投資顧問が会計をごまかしていた事がありましたが、ハイリスクな運用を行っていたようです。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

企業年金の運用と会計の問題

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
企業年金を運用する投資顧問などが会計をごまかして損失を隠していたという事件がありました。では、このような投資顧問がどのようにして資産運用をしていたのでしょうか。これには色々な事が言われていますが、デリバティブを用いて投資をしていたと言われています。デリバティブは金融派生商品とも言われます。もともとはリスクヘッジのために使われていたものであると言えるでしょう。ですから、本来はリスクを回避するために用いられるべき物なのです。
これを投機的に用いる事で高い運用成績を期待する事もできます。問題となった投資顧問が用いていた手法はショートストラングルなど、リスクの高いもので会ったと言われています。
ショートストラングルというのは、コールオプションとプットオプションとを売るという戦略で、すでに多くの人が知っている戦略であると言えるでしょう。ショートストラングルは、マーケットに大きな変動がないときには安定的な利益を上げる事ができるのです。
コールオプションとプットオプションを売るという事は、買い手からリスクを引き受けて、その代わりにリスクプレミアムという代金を受け取る事になります。このリスクプレミアムを受け取る事によって高い運用を行う事ができたのですが、リスクを抱えているわけですからマーケットが大きく変動したときには大きな損失を抱える可能性があるのです。
かの投資顧問も、初期のころは安定的な利益を上げていたと言えるでしょう。ニュースにもなっているように、最近ではマーケットが急変する事が多く、それによって損失を拡大させてしまったと考えられています。

注目情報

Copyright (C)2017退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.