企業年金の運用は時価で評価され、そして会計上では資産や負債として扱われることになってきたのです。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

企業年金の運用と会計上の基準

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
企業にとっての年金についての会計処理は曖昧に行われてきたのですが、1998年には大蔵省によって会計基準の設定に関する基準が公表されました。このときの大きな変化というのは、年金資産の時価評価であると言えるでしょう。時価評価をするという事は、含み損を抱えていれば、それを差し引いて評価されるということです。ですから、株式で運用している場合に含み損を抱えていれば、それだけの損失が発生しているという事になるのです。時価で評価する事によって、非常に大きな損失を抱えているという事が表面化したとも言えるでしょう。
そして、それを補充するために企業はコストをかけなければならないのです。
その後、会計の基準が変更され、企業年金の時価評価による損益は、バランスシート上に組み入れる事が必要となりました。つまり、将来的に支払わなければならない評価損の分については、負債として扱うという事になったのです。これによって、企業のバランスシートが悪化したというのはすぐに分かることでしょう。これが2011年の事ですから、比較的新しいものであると言えるでしょう。これはアメリカでは少し前から行われていたものであると言えるでしょう。年金資産については決算書に組みいれ、債務を資産が宇和待っている場合には資産として計上する事ができますし、その逆であれば負債として計上されてきたのです。
また、損益計算書での費用処理の方法も変更されたのです。

注目情報

Copyright (C)2017退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.