年金などの社会保障と昨今の国の会計について思うことですが、震災前後の国の財政についての考えなどを書きました。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

年金などの社会保障と昨今の国の会計について思うこと

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
年金などの社会保障と昨今の国の会計について思うことですが、最近なにかと国の財政などについて議論されることが多くなってきているのではないかと感じることがあります。例えば、民主党政権が主導して行っていた、事業仕分けの問題であったり、震災後の消費増税や社会保障の増額など、身近な部分で国民ひとりひとりの不安が増大してきているようです。
赤字国債の発行などによって、国の国債格付けも引き下げられたりするようなこともあり、国力全体が不安視されるような状況が続いているようです。
やはり少子高齢化や震災からの復興、製造業などの不振とかなり厳しい状況にあると思いますが、そういった今だからこそ、それぞれに身を引き締めて生活について見直すことが求められているのではないかと考えています。
社会保障費全般について考えてみますと、やはり国側の政策として決めてゆかなければいけない部分が大きいと思うのですが、これからの時代を担ってゆく世代に負担がのしかかる部分もありますので、しっかりと議論を重ね、これからの日本を再構築してゆく必要があるのではないかと考えています。震災後に生活保護を申請されているような方も多くいらっしゃるようですので、そうした状況を早期に解決し、国の借金経営の体質を改善し、新しい時代を築いてゆく必要が出てきているのではないでしょうか。若い世代の方もこうした現状に興味を持って、これからの国の姿について一緒に考えて欲しいと思っています。

注目情報

Copyright (C)2017退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.