現在の日本の年金制度は非常に不明朗です。国民は自己防衛のためにも明朗会計の個人年金に入ると良いでしょう。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

公的年金はもっと明朗会計にすべき

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
今の若い人たちは将来の年金に不安を抱えていると聞きます。もらえるかどうかも分からない年金のために今の大切な生活費を削らないということで、納付が義務付けられている国民年金を納めない人も多く、国家レベルでのゆゆしき問題となっています。年金は将来いくらもらえるか分からないところが不安を煽る原因だと私は思います。私の両親の時代は国民年金は60歳からもらえました。
そして支払う金額は今よりもずっと低かったのです。
しかし現在は65歳からしかもらえません。60歳で定年が一般的ですから5年間無年金の期間ができます。前倒しで基礎年金をもらうこともできますが、その場合は大幅に金額を減らされます。
そしてその年金の受給年齢を今の65歳からさらに68歳、70歳からににしようなどという案が出ており、若者が不安を感じるのも無理はありません。70歳からの年金など、もはや社会保障とは呼べず、本当にそうなったら日本は先進国でもなんでもありません。
私が思うに、それならもっと明朗会計の年金に個人で加入する方が良いのではないでしょうか。たとえば生命保険会社の個人年金型の保険に入るとしましょう。支払う金額と受け取れる金額の総額がはっきりと分かっています。毎月多く積み立てれば積み立てるほど、将来受け取れる年金が増えることが分かり、励みにもなります。何歳から受けられるか分からない、などということもありません。国民年金を支払うことは国民の義務かもしれませんが、政府がこんな不明朗な会計をしている以上、国民も自己防衛にまわるしかありません。

注目情報

Copyright (C)2017退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.